本文へスキップ

特定非営利活動法人 子どもの造形美術と学びを考える会は 描く・つくる・自然観察などをとおして「學び」の動機付けを行うアトリエです

特定非営利活動法人 子どもの造形美術と学びを考える会
〒302-0001 茨城県取手市小文間4234-3 Tel&Fax 0297-70-0022

教室風景

NEW!

張り子の犬を描いてます。

アトリエではおなじみのモデルとなりました。
愛くるしい姿、形がわかりやすいので立体を描く勉強になります。

初めて張り子の犬を見る子どもは大抵
「猫!」「猫ちゃん!」と言いますが、犬ですよ~。

洋風の犬の置物は馴染みがあるかもしれませんが、和のデザインはまだ馴染みがないかもしれませんね。
和のデザインは他にも沢山あります。
カエル、金魚、魚、鳥…これから先、いろいろな「和」に出会ってくださいね♪
「安産のお守りなんだよ~」
「張り子ってどうやって作るのか知ってる?」

などなど、モデルひとつから子ども達との会話が広がります。

 大人の方が描いた油絵の「張り子の犬」。色が鮮やか。
丁寧な筆致が観ていて飽きのこない魅力的な一枚に仕上がりました。










                                                                  2016.10.15更新




この時期は、龍ヶ崎にお住まいのアトリエ元受講生のご両親から
秋の味覚・栗が届きます。豪快に枝ごと下さった年もありました。

毎年、ありがたくモデルにさせていただいております。

イガ付きの大きな栗を目の前に、突いてみたり素手でイガから取ろうとしたり…「イデ‼!」「取れた‼!」「虫がいたー‼!」など、子ども達の好奇心は尽きません。



白い粘土人形と瓶とレモンのモデル。

アトリエでは個々の興味や進路などによって、使う画材も個々で違います。

同じモデルでも、透明水彩、アクリルガッシュ、油彩、木炭、パステル、クレパス…時には彫塑(粘土)など、

表現の幅が広がります。





  
帽子                鳥                  花

                                               2016.10.4更新



2016.9.4
イチジクを描いてます。見事なイチジクですね。
10月の展覧会に出す張子も順調に進んでいます。
絵のモデルのドジョウが2匹並んでくれました♪




イベント風景

2016年7月26日・29日・30日 実施しました
「稲ワラ案山子を作って田んぼに立てよう!」

稲ワラを使い、全部で27体の案山子を製作しました。
10月末日まで茨城県取手市吉田(吉田消防署前)合鴨農法の田んぼに立っています。


  

一部をご紹介いたします♪
    

    

バナースペース

特定非営利活動法人 子どもの造形美術と学びを考える会

〒302-0001
茨城県取手市小文間4234-4

TEL 0297-70-0022
FAX 0297-70-0022